VISION

空の移動で世界の‘‘あたらしい’’をつくる

ドローンの誕生により、世界中で空の移動革命が起きています。私たちは空飛ぶクルマの開発を通して、
新しい技術の確立や人々の利便性向上まで、これまでなかった世界の”あたらしい”をつくります。

こんな未来を実現

旅行シーン

離れた場所にいる大切な人にも
すぐに会いに行けます

好きな人にすぐに会いにいけます

例えば、このような国内旅行のプランが可能になります。
限られた時間で日本満喫!

ある旅行者の1日

9:00 東京出発
9:30 日光到着
11:30 日光出発
13:00 富士到着 富士山観光 昼食
14:00 富士山出発
16:30 京都着 京都観光
18:30 京都発
19:40 屋久島発
次の日の屋久杉ハイキングへ~

ビジネスシーン

当社機体で移動することで、移動時間、乗り換え時間が短縮され
効率よい移動が可能になります。

全国拠点を視察するある社長の1日

9:00 東京本社出発
9:30 栃木オフィス到着、現地視察
11:30 栃木オフィス出発
13:00 三重工場到着 昼食 現地視察
14:00 三重工場出発
16:30 熊本工場到着 現地視察
18:30 退社

従来の交通機関では、飛行機、タクシーなど乗り換え時間が掛かり
上記ルートを1日で移動することはかなり難しい。

救急・災害対応シーン

ヘリより早いので救命率向上
カバーできる範囲が広いので、大規模災害時

我々が目指していること

2025年に自動運転の旅客用航空機(空飛ぶクルマ)の完成を目指して、研究開発を進めています。
最大800km(中距離帯)を2時間で飛行でき、中距離帯において最速で移動で機体を目指しています。

STEP

01

2020年完成 長距離ドローン

用途は電線や鉄道網のメンテナンスエンジン式なので、電動ドローンよりも飛行時間が長く広範囲のメンテナンス用途に向いている。

STEP

02

2025年完成 自動運転の空飛ぶクルマ

都市間、離島や山間部への移動手段

800km/2時間

従来の交通機関と比較して、到達所要時間を飛躍的に短縮することができます。
下図はYahoo乗り換えツールを使った到達所要時間を色分けしたものです。
2時間以内で移動できる地域が多くなります。

ロードマップ

試作機開発とテスト飛行を重ね、2025年の機体完成を目指しています。
経済産業省が公開しているロードマップはこちら

TOP